案内担当“都市ボランティア” 千葉県が3000人募集

09/12 14:24 更新

 東京2020オリンピック・パラリンピックで競技会場がある千葉県は12日から、観客を空港や駅などで案内する「都市ボランティア」3000人の募集を始めました。  東京2020オリンピック・パラリンピックでは、競技の運営をサポートする「大会ボランティア」と空港や駅などで観客を案内する都市ボランティアが募集されます。レスリングなど8つの競技が開催される千葉県は12日から、3000人の都市ボランティアの募集を始めました。ボランティアの参加には5日程度の活動などが求められます。募集は12月10日までで、ホームページなどで受け付けていて、来月3日と11月4日には千葉市で募集説明会が開かれます。