かまくらで七輪使いジンギスカン CO中毒で2人搬送

03/23 05:52 更新

 かまくらの中でジンギスカンをしていた男女2人が病院に搬送されました。  22日午後7時半ごろ、札幌市西区の住宅から「庭のかまくらでジンギスカンをやっていたら人が倒れた」と消防に通報がありました。現場では60代の女性と70代の男性が意識がもうろうとした状態になっていて、病院に搬送されました。2人は一酸化炭素中毒とみられます。警察によりますと、午後5時半ごろから、60代から70代の男女7人でかまくらの扉を閉め切って七輪でジンギスカンを焼いていたということです。