着服した金で住宅など購入か 社長「被害は3億円」

11/09 17:59 更新

 会社の金を横領したとして女が逮捕・起訴されているが、この会社の社長が怒りの告発だ。  兵庫県小野市の一戸建て。人気キャラクターなどがあしらわれ、関係者によれば建物だけで数千万円するという。これも横領した金で建てられたのか…。疑惑が浮上したのは、神戸市西区の元会社役員・北村緑被告(56)。会社の金を着服したなどとして先月に逮捕・起訴されている。起訴状などによれば、被害金額は合計3000万円弱。ブランド品などの購入に使われた。ただ、関係者によれば、被害額はその約10倍3億円に上る可能性があるという。なぜ、こんなことに…。社長によれば、北村被告は20年ほど前に入社。経理を担当していたという。異変に気付いたのは去年12月。社長の長男の妻が手伝いを始めたときだったという。社長によれば、北村被告は複数の交際相手がいた。小野市の一戸建ては15歳年下の男性と遊ぶために買ったと主張している。3億円もの横領はあったのか…。検察は北村被告の認否を明らかにしていない。