【報ステ】“ヒアリで100人死亡”『確認できず』

07/18 23:30 更新

 環境省は2009年から『ヒアリ』に関するパンフレットを作成し、アメリカでは年間100人以上の死亡例があるとし、ホームページで公開していた。しかし、山本環境大臣は「専門家に聞いても確たる根拠が確認できず、死亡例は報告されていない」と述べた。パンフレットの使用を取りやめ、ホームページからも関連部分を削除した。国と自治体は全国の港湾でヒアリの調査を進め、トラップなどの設置を進める方針だ。