遺体の両手両足に粘着テープ 殺人・死体遺棄か

05/21 14:54 更新

 17日に熊本県大津町で車の中から見つかった男性の遺体が粘着テープで縛られた状態で発見されていたことが分かりました。  17日午後4時ごろ、大津町のビジネスホテルの駐車場に止まっていた軽自動車の中から、福岡市の職業不詳・宮田道人さん(44)の遺体が見つかりました。死後、数週間から数カ月経っていて、死因は分かっていませんが、遺体は粘着テープで両手両足を縛られて後部座席に横たわった状態で発見されたということです。警察は遺体が発見された際に施錠されていた車の鍵が見つかっていないことも踏まえ、殺人・死体遺棄事件の可能性が高いとみて捜査を進める方針です。