家政婦襲撃の強盗未遂事件 新たに男2人逮捕

07/09 21:43 更新

 今年4月、東京・新宿区の住宅で家政婦(61)が何者かに手足を縛られた強盗未遂事件で、警視庁は新たに男2人を逮捕しました。  春木義明容疑者(51)と石川詩宜容疑者(46)は4月、男2人と共謀のうえ、新宿区の住宅に押し入って家政婦の手足を粘着テープで縛り、「金庫はどこだ」と脅すなどした疑いが持たれています。家政婦にけがはなく、春木容疑者らは何も取らずに逃げました。警視庁によりますと、春木容疑者らは事件の3日前、現場の住宅の周辺を下見する様子が付近の防犯カメラに映っていたということです。これまでに、同じく住宅に押し入ったとしてブラジル人の男ら2人が逮捕・起訴されています。取り調べに対し、2人は「事件には関わっていない」などと容疑を否認しているということです。