“ようかん配って20年以上” 市議会議長が辞任表明

03/22 18:44 更新

 地元の消防団員に和菓子を配っていたことが分かり、議長職の辞任を表明しました。  兵庫県西宮市議会の八木米太朗議長(68)は去年12月、地元の消防団が歳末警戒に出動する際に激励に訪れ、和菓子の「ようかん」を配ったということです。公職選挙法では、選挙区内の個人や団体に金品を贈ることが禁止されていて、八木議長はこの責任を取って議長職の辞任を表明しました。八木議長は20年以上前からほぼ毎年、ようかんを配っていたということです。