「道連れにし地獄へ」産経新聞の記者が復縁迫り…

09/11 17:35 更新

 「あなたを道連れにして地獄へ落ちます」などと脅迫メッセージを送ったとして、産経新聞の記者が逮捕されました。  逮捕されたのは、産経新聞社の東北特派員の記者・伊藤寿行容疑者(55)です。警察によりますと、伊藤容疑者は今年5月、山形県内に住む元交際相手で20代の女性に「あなたを道連れにして地獄に落ちます」などとSNSで復縁を迫るメッセージや画像を送った疑いが持たれています。伊藤容疑者は容疑を認めています。産経新聞社は「事実関係を確認したうえ、厳正に対処する」とコメントしています。