乳児の遺体をレジ袋に 両親が葬儀会社を提訴

05/21 11:47 更新

 兵庫県で司法解剖した後の乳児の頭にコンビニのレジ袋をかぶせて引き渡した葬儀会社に対し、両親が損害賠償を求める訴えを起こしました。  去年10月、兵庫県丹波市で生後5カ月の北野正弥ちゃんが自宅で突然死して司法解剖された後、遺体は警察が委託している神戸市の葬儀会社から両親に引き渡されました。その際、正弥ちゃんの頭にコンビニのレジ袋がかぶせられ、上から包帯が巻かれていました。両親は「遺体をぞんざいに扱われて精神的な苦痛を受けた」として、葬儀会社に慰謝料など220万円の支払いを求めて提訴しました。  正弥ちゃんの母親・北野恵さん:「(正弥は)きれいな顔で亡くなって、全然、別人になって帰ってきたという顔がずっと頭に入って涙が出ますが、頑張らないといけないなと思って」  葬儀会社は「訴状が届いていないので、コメントできない」としています。