【報ステ】福岡10人死亡病院火災、院長を不起訴

03/14 23:30 更新

 4年前、福岡市の安部整形外科が全焼し、入院患者など10人が死亡した火災をめぐり、福岡地検は14日、院長を嫌疑不十分で不起訴とした。警察は、防火扉などの管理に不備があったとして、院長を業務上の過失致死傷の疑いで書類送検していた。しかし、福岡地検は、防火扉が正常に機能していても、煙の回りが早く、当直の看護師1人だけでは避難を誘導することはできなかったと判断した。