中国人相手に覚醒剤“販売” 使用疑いで女再逮捕

02/12 11:57 更新

 東京都内で覚醒剤を使用したなどとして、中国人の47歳の女が再逮捕されました。女は先月に覚醒剤を販売したとして逮捕されていて、中国人を相手にした密売人とみられています。  中国人の周キツ容疑者は先月上旬から中旬に都内で覚醒剤を使用し、東京・豊島区のマンションで覚醒剤0.066グラムを所持していた疑いが持たれています。周容疑者は先月に中国人6人に覚醒剤を販売したとして逮捕され、その際、尿から覚醒剤の陽性反応が出ていました。周容疑者はインターネットの掲示板などを使って、日本にいる中国人をターゲットに密売を繰り返していたとみられています。取り調べ対し、周容疑者は「知らない」と容疑を否認しています。