台風18号 九州上陸の予想 満潮時刻の熊本県は

09/17 06:21 更新

 大型で強い台風18号は、九州南部の一部を暴風域に巻き込みながら東寄りに進んでいます。あと数時間で上陸する見通しです。現在、満潮時刻を迎えている熊本県水俣市から報告です。  (田中杜旺アナウンサー報告)  17日未明から雨は降ったりやんだりしていて、先ほどまではやんでいましたが、またパラパラと弱い雨が降り始めました。少し風もあって、木をかすかに揺らす程度吹いています。波も少し高くなってきていて、白波が少し見え、時折、防波堤に強く打ちつける音が聞こえてきます。  水俣市では全域に避難勧告が出されていて、24カ所に259人が避難しています。16日の夕方に避難してきた男性は「テレビを見て怖くなって、地震のとき同様、家族みんなで早めに動きました」と話していました。水俣市のほか3つの市町村に避難勧告が、23の市町村に避難準備の情報が出されています。台風はこの後、昼前から昼すぎにかけて県内に最も接近するとみられていて、猛烈な雨や風が予想されています。熊本地震で揺れが大きかった地域では、特に土砂災害に警戒が必要です。