「ただごとではない」通報 浴室で死亡…胸に刺し傷

06/14 18:46 更新

 遺体で発見された男性の胸などには刺し傷がありました。  12日午後2時半ごろ、広島県呉市の住宅で「異臭がする」と付近の住人から通報がありました。警察が駆け付けたところ、この家に1人で住む藤下正己さん(73)が浴室で倒れて亡くなっているのを発見しました。遺体の胸などに刺し傷があり、死後、少なくとも1カ月ほど経っているということで、警察が殺人事件として調べています。