「治療で恨み」75歳の元患者が歯科医を切り付けか

03/16 11:54 更新

 大阪府寝屋川市の歯科医院で、元患者の75歳の男が歯科医の男性を包丁で切り付けたとして逮捕されました。  無職の永田和男容疑者は15日午後5時45分ごろ、寝屋川市の歯科医院で63歳の歯科医の男性の顔や腕などを包丁で切り付け、男性を殺害しようとした疑いが持たれています。男性は病院に運ばれ、命に別状はないということです。事件当時、歯科医院には他に患者ら3人がいましたが、いずれも逃げて無事でした。警察の調べに対し、永田容疑者は「歯の治療のことで恨みがあった」「完璧に殺すつもりだった」と話しているということです。歯科医の男性は2年前に永田容疑者と歯の治療を巡ってトラブルになっていて、警察に相談していたということです。