逮捕のピエール瀧容疑者 仕事前後にコカイン使用か

03/15 11:49 更新

 コカインを使用した疑いで逮捕されたピエール瀧容疑者(51)が仕事の前後にコカインを使っていた可能性が高いことが分かりました。  ピエール瀧こと瀧正則容疑者は12日夜、尿からコカインの陽性反応が出て逮捕されました。捜査関係者によりますと、瀧容疑者は逮捕の前日に大阪から東京の自宅に戻り、その後に仕事に出掛けていて、逮捕当日は終日、ドラマの撮影をしていたことが新たに分かりました。コカインの陽性反応は使用後24時間程度までしか出ないことから、こうした仕事の前後にコカインを使った疑いが強いということです。午後6時ごろに瀧容疑者が帰宅した直後に厚生労働省の麻薬取締部が自宅を捜索していて、押収した韓国紙幣などの鑑定を進めています。