GS従業員死亡ひき逃げ事件 39歳男が容疑一部否認

03/14 18:49 更新

 ガソリンスタンドの男性従業員がひき逃げされて死亡した事件で、39歳の男が逮捕されました。  過失運転致死とひき逃げなどの疑いで逮捕されたのは、大阪市生野区の無職・松本健治容疑者です。松本容疑者は7日午前9時45分ごろ、大阪市東住吉区で、軽ワゴン車を運転中にガソリンスタンド前の歩道に乗り上げ、客の車を誘導していた小林浩司さん(55)をはねて逃げた疑いが持たれています。小林さんは搬送先の病院で死亡しました。松本容疑者は「何にぶつかったか分からなかった」として、容疑を一部否認しています。