小4女児死亡…ブロック塀撤去始まる 大阪北部地震

07/10 11:54 更新

 先月18日に起きた大阪北部地震でブロック塀が倒壊して女の子が死亡した大阪府高槻市の小学校で、ブロック塀の撤去が始まりました。  先月18日の地震では高槻市の寿栄小学校のブロック塀が倒れ、小学4年の女の子(9)が下敷きになって死亡しました。10日午前11時すぎに校長らが黙祷(もくとう)した後、倒れたブロック塀の撤去が始まりました。高槻市はブロック塀の高さや構造が建築基準法に違反していたことを認めています。過去3回、行われた安全点検でも違反を見逃したことが明らかになっています。警察は業務上過失致死の疑いで捜査を進めています。