客待ちタクシーが急発進し歩道に ドライバーは80歳

06/07 18:10 更新

 タクシーが急発進して歩道に乗り上げました。  7日午前6時すぎ、千葉市の海浜幕張駅で客待ちをしていたタクシーが急発進して歩道に乗り上げ、高さ1メートルほどのフェンスをなぎ倒した後に壁や柱に突っ込みました。タクシーを運転していた80歳の男性を含め、事故によるけが人はいませんでした。  男性の知人:「(男性に)『ブレーキとアクセルを間違えたんじゃないのかい』と聞いたら、『そんなことはない』と。『縁石を乗り越えるには(踏み間違え)しかないのでは?』と言うと、『うーん』と頭をかしげていた」  男性は、警察に対して「アクセルとブレーキを踏み間違えた」と話しています。警察は男性が運転操作を誤ったとみて調べています。