病院送迎車が崖から転落 リハビリ通う女性死亡

09/12 18:42 更新

 病院の送迎車が崖から落ちて、乗っていた1人が亡くなりました。  12日午前9時ごろ、長崎市で病院の送迎車が道路から約4メートル下の空き地に転落しました。車には、病院にリハビリに通う70代から90代の4人と職員2人が乗っていました。このうち、長崎市の山田キヌヱさん(91)が約2時間後に出血性ショックのため亡くなりました。ほかの5人も骨を折るなどのけがをしました。警察は、運転手のけがの回復を待って事故の原因を調べます。