全国初 ドローンで郵便物を輸送 人手不足に一役

11/07 16:54 更新

 全国で初めて福島県の南相馬市と浪江町の間で郵便物を運ぶドローンの運用が始まりました。  7日午前9時すぎ、南相馬市小高区の郵便局の屋上で郵便物を運ぶ全国で初めてのドローンが飛び立ちました。ドローンは、直線距離で8キロほど離れた浪江町の郵便局まで約16分かけて飛行しました。ドローンで運んだ初めての郵便物は南相馬市長から浪江町長への小包で、中には南相馬市の小学生が描いたドローンの絵などが入っていました。日本郵便は来年3月まで実証実験をした後、早ければ来春から一般の郵便物も輸送する予定で、被災地の郵便局の人手不足を補いたいとしています。