低気圧になっても暴風…千種ゆり子の全国天気のタネ

10/06 16:52 更新

 台風は先ほど、韓国から抜けて50キロの速さで日本海を進んでいます。7日未明までには温帯低気圧に変わりますが、温帯低気圧に変わっても暴風、大雨をもたらすパワーは変わりません。7日にかけては北日本で警戒が必要です。7日午前6時に低気圧に近い、特に東北地方で風が強まって瞬間的には35メートルの暴風が吹きそうです。日本海側では、前回の台風24号よりも風が強まる所もありそうです。そして雨ですが、今、北海道で降っている雨は、7日朝、そして昼にかけて、5日に地震のあった厚真町でも降り続きます。多い所で120ミリのまとまった雨になりそうです。そして、東日本は暑さに注意が必要です。6日、新潟県内では35度以上の猛暑日が続出、国内の10月1位の記録を塗り替えましたが、7日は太平洋側が一番暑くなりそうです。静岡30度、東京31度、熊谷では33度まで上がりそうです。湿気も多いので、7日も不快な暑さになりそうです。ただ、暑さは8日以降は収まってきそうです。  週間予報です。東京では連休最終日の最高気温は25度、夏と違って極端な暑さは長続きしません。来週は全体的には、大きな崩れはなさそうです。関東では7日いっぱい、風が強いでしょう。西日本では、7日は6日ほどは気温は上がらず、各地で30度に届きません。大阪は7日午後からは晴れてきて、8日もお出掛け日和です。