高校生ら8人雪崩事故 再発防止向け検証委が初会合

04/17 05:55 更新

 栃木県那須町で高校生ら8人が雪崩に巻き込まれて死亡した事故を受けて、再発防止に向けた検証委員会の初会合が開かれました。  先月27日、那須町で起きた事故では、栃木県高校体育連盟が主催した「春山安全登山講習会」に参加した高校生らが雪崩に巻き込まれて8人が死亡しました。16日午後、宇都宮市で事故の再発防止に向けた検証委員会の初会合が開かれました。会議では遺族らも傍聴し、当時の天候や引率した教師から聞き取った実際の行動などが説明されました。委員からは、引率した教師の雪山での登山経験や指導員としての資質について質問が出ました。戸田芳雄委員長は「現地調査するなどして9月末をめどに提言をまとめていきたい」としています。