西日本豪雨 147人が死亡 59人が安否不明

07/10 16:54 更新

 西日本を中心とした記録的な豪雨で、これまでに147人が死亡して59人が安否不明となっています。  西日本豪雨による死者はANNのまとめで、広島で53人、岡山で50人、愛媛で25人など12の府と県で合わせて147人、安否不明者は59人に上っています。被災した各地では蒸し暑さに加えて断水が続くなか、救助活動や復旧作業が行われています。また、広島県内では10日に新たな場所で川が氾濫し、周辺には急きょ、避難指示が出される事態となりました。