熊本城 天守閣の復旧工事を公開 19年目標に再建へ

05/19 17:24 更新

 本格的な復旧工事が進む熊本城の工事の様子が公開されました。  飯田丸五階櫓(やぐら)では、地震で崩落した石垣の撤去作業が終わると、櫓を支えるための新たな鉄骨が組まれます。鉄骨が組まれ次第、櫓を撤去し、同時に石垣も解体して、来年中には撤去される予定です。また、22日から解体予定の大天守では、最上階の屋根瓦がすべて取り外されています。さらに、小天守の1階部分も11月ごろにかけて解体し、2019年を目標に耐震性の高い天守閣へと再建される予定です。