左胸をアイスピックで…喫茶店主が従業員“刺す”

04/16 00:31 更新

 静岡県富士宮市の喫茶店で、80歳の経営者の男が従業員の男性をアイスピックで刺したとして逮捕されました。  深沢佑吉容疑者は15日午前11時ごろ、経営する喫茶店で従業員の鈴木明さん(64)と口論となり、鈴木さんの左胸をアイスピックで刺して殺害しようとした疑いが持たれています。鈴木さんは、命に別状はないということです。取り調べに対して、深沢容疑者は刺したことについては認めているということです。