日大板橋病院で薬投ミスが4件 一時心肺停止も

03/16 17:23 更新

 日大板橋病院で投薬ミスが4件起きていたことが分かりました。  日本大学によりますと、おととし、日大板橋病院で看護師が口腔底がんの70代の男性患者に医師の指示なく鎮静剤を投与し、男性患者は一時、心肺停止になりました。病院では他にも去年、80代の男性患者に誤った方法で鎮静剤を投与したり、2歳の女の子に通常の10倍の量の鎮静剤や必要以上の解熱剤を投与していました。2人に健康被害はなかったということです。