被災地は猛暑日予想のなか…安否不明者の捜索続く

07/14 11:47 更新

 九州北部を襲った豪雨で、福岡県朝倉市では14日も猛暑日が予想されるなか、安否不明者の捜索が続けられています。  被災地では、日中の最高気温が35度以上の猛暑日になる見通しです。自衛隊や警察、消防などによる捜索は14日朝も午前7時すぎから朝倉市杷木地区を中心に行われています。13日の夜、新たに1人の身元が確認され、今回の豪雨による死者は福岡県と大分県合わせて30人、安否不明者は18人です。