警備ない時間狙い?第3の男に「連れ去り頼まれ」か

06/14 16:52 更新

 静岡県の山中で29歳の女性看護師の遺体が見つかった事件で逮捕された男2人とは別の「第三の男」が浮上している。女性が連れ去られる直前、防犯カメラには3人の男が一緒にいるところが映っていた。  29歳の尊い命が奪われた痛ましい事件。14日、亡くなった内山茉由子さんの携帯電話の電源が連れ去られた数時間後に切れていたことが新たに分かった。内山さんは連れ去られてまもなく遺棄されたとみられている。そして、捜査線上に浮上した第三の男。警察は、逮捕された2人の男とは別に主犯格の男がいるとみて行方を追っている。静岡県藤枝市の山中で内山さんの遺体が見つかったのは9日。警察は、遺体発見の2週間前に浜松市内で内山さんを車ごと連れ去ったとして20代と40代の男を逮捕しているが、連れ去り当時の状況が警察への取材で分かってきた。捜査関係者によると、内山さんが自分の車に乗ろうとした際に男の1人が運転席側から内山さんを押し込むようにしてドアを閉め、もう1人が助手席に乗り込んだというのだ。内山さんが連れ去られたのは先月26日の午後6時ごろ。ほぼ同じ時刻に現場となったスポーツジムの駐車場に行ってみると…。午後6時すぎ。内山さんが2人組の男に連れ去られたのも同じ時間帯だ。駐車場を見ると、平日にもかかわらず多くの車が止まっている。利用者が多いことが分かる。まだ明るく、人通りもある時間帯。しかし、駐車場の警備員によると、事件があった日のその時刻には警備員がいなかったという。あえて、この日、この時間帯を狙ったのか。2人はインターネットのサイトで知り合ったとみられていて、内山さんを連れ去った当日に初めて会ったという。身柄確保のきっかけとなったのもインターネット。「サイバーパトロール」と呼ばれる捜査で浮上したのが20代の男だった。20代の男が別の事件をうかがわせる書き込みをしているのを警視庁の捜査員が発見した。任意で事情を聞いたところ、静岡で女性を連れ去ったという趣旨の話をしていたため、静岡県警に連絡したという。別の事件にも手を染めようとしていたのか。内山さんとも「面識はなかった」という2人。さらに、そのうち1人はこんな趣旨の話をしているという。  逮捕された男:「連れ去りを頼まれた」  2人とも内山さんを連れ去ったことは認めているものの、死体遺棄については関与を否定していて、警察も、この2人とは別に第三の男がいるとみているのだ。実は、連れ去り現場にもその第三の男がいた可能性があるという。捜査関係者によると、内山さんが連れ去られた駐車場近くのパチンコ店の防犯カメラに事件前、逮捕された2人と一緒にいる別の男が映っていたということだ。警察は、その第三の男が主犯格とみて行方を追っている。