立ち往生1100台 福井の大雪、自衛隊が夜通し除雪

02/08 05:50 更新

 記録的な大雪の影響で車両の立ち往生が続いている福井県の国道8号では、約1100台が動けなくなっています。  国土交通省などによりますと、国道8号では7日午後5時半時点で約16キロにわたって1100台ほどが動けなくなっています。災害派遣の自衛隊を中心に夜通し除雪作業などを続けていて、立ち往生の解消のめどは8日中だとしています。福井市では6日、雪に埋もれた車の中で50歳の男性が死亡しているのが見つかりました。一酸化炭素中毒だとみられています。この大雪による福井県での死者は2人になりました。