史上初 ブラックホール撮影に成功 画像を公開

04/11 05:55 更新

 日本の研究者も参加した国際研究グループが銀河の中心にあるブラックホールの撮影に史上初めて成功したと発表し、画像を公開しました。  国立天文台・本間希樹教授:「人類が初めて目にしたブラックホールの姿です」  観測できたのは、おとめ座の方向の楕円(だえん)銀河にあるブラックホールです。世界各国200人以上の研究者が参加したこのグループは2017年4月に世界の8つの電波望遠鏡を連携させて観測し、そのデータを去年6月以降、4つのチームが画像化しました。ブラックホールは理論上、存在は確実だとされてきましたが、実際に観測されたのはこれが初めてです。