数日は土砂災害に警戒を 死者85人、安否不明77人

07/09 05:55 更新

 西日本を襲った記録的な豪雨は、その深刻な被害の全容が分かっていません。  西日本を中心とした豪雨による死者は、ANNのまとめで、これまでに広島県で37人、愛媛県で21人、岡山県で11人など合わせて85人に上っています。また、現在も77人の安否が分かっていません。各地の大雨は収まっていますが、地盤がかなり緩んでいるため、雨が上がった後も数日は土砂災害に厳重な警戒が必要です。