ちぐはぐ答弁の桜田大臣 “事前通告なし発言”撤回

11/09 10:30 更新

 オリンピック・パラリンピック担当の桜田義孝五輪担当大臣は、国会でのちぐはぐな答弁の原因は「事前通告がなかったため」としていた発言を撤回しました。  桜田義孝五輪担当大臣:「記者から蓮舫議員の質疑に関して質問があり、『通告が全然なかった』と申し上げたのはこれが事実と若干、違いますので撤回させて頂きたいと思っています」  桜田大臣は5日、参議院の予算委員会で立憲民主党の蓮舫議員から2020年の東京大会のビジョンなどを質問され、ちぐはぐな答弁を繰り返して審議が何度も中断しました。これについて桜田大臣は6日に「事前通告がなかった」などと釈明しましたが、蓮舫議員は「事前通告はした」と反論していました。桜田大臣は閣議後の会見で事前通告がなかったという発言を撤回したうえで、「詳細な質問内容の通告があれば充実した質疑応答ができた」と話しましたが、謝罪の言葉はありませんでした。