皇室引っ越し映像 恭しく運ばれるのは三種の神器か

02/07 18:51 更新

 皇族のお引っ越しといえば今から60年近く前の大変、貴重な映像が残っていた。  トラックに積まれたたんすが次々と運び込まれているのは、当時、完成したばかりの「吹上御所」。第2次世界大戦で宮殿が焼失した後、仮住まいを続けた昭和天皇と香淳皇后の新しい住居として1961年に建てられ、エレベーターも完備されていたという。完成直後には皇太子時代の天皇皇后両陛下も同行され、一家そろって新しい建物を笑顔でご覧になる様子が映像に記録されていた。  時代は流れ、1993年。天皇皇后両陛下が今の御所にお引っ越しされた時にも多くの荷物が運び込まれる映像が残っているが、あるものは両陛下と一緒にお引っ越し。「皇位のしるし」である“剣”と“まが玉”だ。退位まで、あと2カ月余り。時期は決まっていないが、今後、両陛下は御所から引っ越しされることになる。