生後9カ月女児を床に落とし… 30歳母親逮捕

03/13 11:53 更新

 大阪市の自宅マンションで、生後9カ月の次女を床に落として殺害したとして30歳の母親が逮捕されました。  大阪市旭区の奈須ひろみ容疑者は今年1月、自宅マンションで、生後9カ月の次女・柚花ちゃんを床に落として殺害した疑いが持たれています。奈須容疑者が119番通報し、柚花ちゃんは頭頂部の骨折や脳内出血で意識不明の状態で病院に搬送され、6日後に死亡しました。奈須容疑者は当初、警察に対して「ベビーベッドから落ちた」と説明していましたが、その後、「ベッドで寝ていた娘の服をつかみ、2、3回仰向けのまま床に落下させた」と明かしました。動機については「3人の育児に心も身体もしんどくなり、ストレスが爆発した」と話しています。