【報ステ】台風去って猛暑来襲…不安定な天気も

08/09 23:30 更新

 台風一過となった9日、関東では気温が上がり、各地でこの夏一番の暑さとなった。全国で最も暑かった群馬県館林市では38.8度、東京都心でも37.1度を記録した。東京都内では、9日だけで122人が熱中症の疑いで搬送された。気温の上昇で大気が不安定となり、関東各地で、短時間で局地的に激しい雷雨となるなど極端な天気の変わりようとなった。一方、九州北部では前線に向かって湿った空気が流れ込み、積乱雲が急速に発達。一部で短時間に激しい風雨となった。九州豪雨の被災地・福岡県朝倉市では、一瞬にして白く煙るほどの激しい雨と強風に見舞われた。台風の影響で4日ぶりにボランティアの受け付けが再開される予定だったが中止となった。また、長崎市では9日朝、ゴルフ練習場の鉄柱が160メートルにわたって倒れる被害が発生。突風が鉄柱をなぎ倒したとみられている。