東京・浅草寺で液体かけられた跡 建物数カ所に

04/15 17:16 更新

 東京・台東区の浅草寺で液体がかけられた跡が見つかりました。現在、警視庁が捜査をしています。  警視庁によりますと、15日正午ごろ、台東区浅草の浅草寺で、寺の関係者から「液体がかけられている」などと通報がありました。駆け付けた警察官が確認したところ、敷地内にある建物の数カ所に液体のようなものがかけられた跡があったということです。警視庁では、今月3日に東京・渋谷区の明治神宮の鳥居に油のような液体をまいて汚したとして中国人の女2人の逮捕状を取っていて、現在、関連があるのか捜査をしています。同じような液体は、沖縄の首里城や東京の増上寺などでも見つかっています。