「口の利き方が悪い」三社祭で男性を拳で…組員逮捕

11/30 19:16 更新

 三社祭で知人男性を殴り、けがをさせたということです。  指定暴力団住吉会幸平一家の組員・田丸隆夫容疑者(40)と堀康友容疑者(40)ら3人は今年5月、東京・浅草神社の三社祭で知人男性(当時42)の顔を拳で殴り、脳挫傷などのけがをさせた疑いが持たれています。男性は一時、意識不明になりましたが、その後、回復して退院しました。警視庁によりますと、堀容疑者が男性から「口の利き方が悪い」と注意されたことに腹を立て、田丸容疑者らも加わって殴ったということです。調べに対し、田丸容疑者らは「今はお話しできません」などと供述しています。