自称ドラマーがひき逃げか 出頭時にアルコール検出

02/07 11:58 更新

 東京・江東区で6日、72歳の男性がひき逃げされて意識不明の重体になっている事件で、自称・ドラム演奏家の54歳の男が逮捕されました。  小松英之容疑者は午前2時すぎ、江東区内の路上を車で走行中に横断歩道を自転車を押して歩いていた男性をはね、そのまま逃げた疑いが持たれています。男性は頭の骨を折るなどして意識不明の重体です。警視庁によりますと、小松容疑者は都道から国道に出る丁字路を左折する際、対向車線に飛び出して男性をはねた後、そのまま逆走して逃げたということです。警視庁から呼び出され、出頭した小松容疑者の呼気からは基準値を超えるアルコールが検出されました。小松容疑者は「記憶はないが、車の状態からして間違いない」と話しているということです。