「学生気分に戻って…」無断欠勤で消防士を懲戒処分

09/14 18:15 更新

 研修を7日間、無断欠勤したとして、東京消防庁は消防士2人を減給の懲戒処分としました。2人は「学生気分に戻ってさぼってみようと思った」などと話しているということです。  東京消防庁品川消防署の男性消防士(26)と世田谷消防署の男性消防副士長(26)は去年10月、医療機関で行われた救急救命士に必要な研修を7日間、無断欠勤したとして東京消防庁は2人を減給の懲戒処分としました。東京消防庁の調査に対して、2人は「出勤するのが面倒くさいと思った」「学生気分に戻ってさぼってみようと思った」などと話しているということです。消防庁は、「再発防止に努めたい」などとコメントしています。