【報ステ】お茶に睡眠導入剤…他にも体調不良の職員

07/12 23:30 更新

 千葉の高齢者施設で、准看護師・波田野愛子容疑者(71)が同僚の女性とその夫に睡眠導入剤を入れたお茶を飲ませ事故を起こさせたとして逮捕された事件で、波田野容疑者の周辺で、体調不良を訴える人が相次いでいたことがわかった。この施設では、波田野容疑者が一人で睡眠導入薬を含む薬の管理を任されていたという。今年に入ってから十数人いる職員のうち少なくとも5人が相次いで体調不良を訴えていた。波田野容疑者は、5月に同僚の女性とその夫に睡眠導入剤入りのお茶を飲ませたことについては、認めているという。ただ。その動機はわかっていない。