熊本大理学部で実験中 ナトリウムが水と反応し火事

12/05 18:12 更新

 大学で実験中に火事が起きました。  火事があったのは熊本大学のキャンパスです。消防などによりますと、5日午前11時半すぎ、「大学内で火災が発生しました」と大学関係者から通報がありました。駆け付けた消防が火を消し止めましたが、研究室約100平方メートルが焼けました。関係者の話では火事になった部屋は理学部の化学物質を合成する研究室で、金属ナトリウムを使った実験中に水と反応して火が出たということです。