大雨なのにゴルフ… 秋田県知事 給料を返上へ

09/14 18:12 更新

 自ら「けじめ」と称して給料3カ月分と冬のボーナスを返上する見通しだ。  秋田県の佐竹知事が熟慮してつけたけじめとは。月額約97万円の給料3カ月分と冬のボーナス約214万円を全額カットするというのだ。秋田県内は7月、記録的な大雨で甚大な被害が発生。しかし、佐竹知事は県外にゴルフ旅行で不在だったのだ。緊急の会議に間に合わず、謝罪した際にもこのしぐさ。翌日にはこのしぐさが問題に。さらに、実際には現役職員と行ったにもかかわらず、県のOBと行ったと嘘の証言をするなど批判が高まり、けじめが注目されていた。それが3カ月間の給与カットだ。佐竹知事は辞職はせず、初心に帰って県政の推進に頑張るとしている。