田園都市線の車内で暴れた男性 突然、意識失い死亡

03/12 16:08 更新

 東京・世田谷区の東急田園都市線の電車内で暴れていた男性を周りにいた男性客らが取り押さえたところ、男性は突然、意識を失ってその後、死亡しました。  警視庁によりますと、11日正午すぎ、世田谷区の東急田園都市線の電車内で立っていた50代の男性が大声で騒いでいました。その場に居合わせた30代の男性客が注意すると、男性は激高し、注意した男性の顔を殴ったということです。そのため騒いでいた男性は、他の男性客も含めた合わせて3人に桜新町駅のホームに降ろされ、取り押さえられました。男性はうつぶせの状態で肩や足などを素手で抑えられていましたが、その後、突然、意識を失って搬送された病院で死亡しました。警視庁は男性の身元の特定を急ぐとともに、死因を調べる方針です。