千葉市のトレーラー横転事故 死者3人の身元判明

09/08 23:18 更新

 千葉市で軽自動車に乗っていた3人が横転した大型トレーラーの積み荷の下敷きになって死亡した事故で、3人の身元が明らかになりました。  8日午前9時ごろ、千葉市若葉区の交差点で大型トレーラーが横転して積み荷の鉄くずが崩れ落ち、信号待ちをしていた軽自動車を押し潰しました。この事故で、軽自動車の運転をしていた吉田亮さん(43)と助手席にいた父親の隆さん(70)、後部座席にいた亮さんの妻・葵さん(37)が救助されましたが、その場で死亡が確認されました。警察は、トレーラーを運転していた在原伸悟容疑者(26)を現行犯逮捕しました。取り調べに対して在原容疑者は、積み荷について「37トン積んでいた」と話しているということです。警察は事故原因について調べています。