座間9遺体 全員の身元判明 事件の全体像解明へ

11/10 11:45 更新

 神奈川県座間市で9人の遺体が見つかった事件で10日未明、警視庁は被害者9人全員の身元を発表しました。白石隆浩容疑者(27)が「死にたい」という名でツイッターに現れた8月、三浦瑞季さん(21)、石原紅葉さん(15)、西中匠吾さん(20)の行方が分からなくなりました。さらに、「首吊り士」の名で現れた9月、更科日菜子さん(19)、藤間仁美さん(26)、須田あかりさん(17)が行方不明になりました。そして、先月に久保夏海さん(17)、横浜市の丸山一美さん(25)、田村愛子さん(23)の行方が分からなくなっていました。  福島市の高校3年・須田さんは中学では美術部、高校では漫画・アニメ部に所属していて、アニメを描くことが好きだったということです。  須田あかりさんの父親:「ニュースはもう夕べから見ているけど、まだ信じていないから。実際に見ていないからね」  9人のなかで最も若かった群馬県の高校1年・石原さん。紅葉さんの名前に合わせて車のナンバーを908にするほど両親が愛情を注いでいたということです。  石原さんを知る男性:「紅葉ちゃんの名前が車の番号908。3台とも。親がどんなに可愛がっていたか分かるんじゃないかな」  さいたま市の高校2年・久保さんは中学では合唱部でソプラノを担当し、関東大会にも出場していました。  久保さんが通う高校の教頭:「誠に無念でございます。非常に真面目です。おとなしく、物事に真剣に取り組める生徒です」  9人のなかで唯一の男性、神奈川県横須賀市の西中さんはバンド活動に打ち込み、ベースを担当していました。  ライブハウスのオーナー:「とにかくバンドで売れたいっていう漠然とした夢っていうか。話し掛けられると嬉しそうに話し始めたりとか」  このほか、身元が特定されたのは埼玉県所沢市の大学生・更科さん、神奈川県厚木市の三浦さん、横浜市の丸山さん、埼玉県春日部市の藤間さんです。警視庁は白石容疑者の部屋から見つかった所持品やDNA鑑定で特定しました。これで9人全員の身元が特定されたことになります。