入居者の女を逮捕へ 障がい者施設火災3人死亡

03/12 11:45 更新

 12日未明、愛媛県松野町にある障害者施設が全焼し、入居者3人が死亡しました。警察では「火を付けた」と話している入居者の女を逮捕する方針です。  午前0時50分ごろ、障害者施設「ひだまり3」から火が出て平屋建ての施設が全焼しました。焼け跡からこの施設で暮らす30代の男性2人と60代の女性1人の合わせて3人が遺体で見つかりました。逃げて施設の外にいた40代の入居者の女が「自分が火を付けた」などと話していて、警察は容疑が固まり次第、放火の疑いで逮捕する方針です。火元は女の部屋とみられています。