「最大限の節電を」 需給状況により計画停電も

09/09 06:21 更新

 北海道電力は損傷した苫東厚真火力発電所の復旧に時間がかかるとして、住民に最大限の節電を呼び掛けました。  北海道では全域に及んだ停電はほぼ解消されましたが、完全復旧に必要な383万キロワットには1割ほど不足しています。  北海道電力・真弓明彦社長:「限られた供給力で需要を賄っておりますので、道民の皆様の節電へのご協力がどうしても必要となります」  北海道電力は需要を賄えない可能性があるとして、最大限の節電を求めました。今後の需給状況によっては計画停電の可能性も示唆しました。損傷した苫東厚真発電所は高温のため、作業員が中に入ることができず、詳しい状況が分からないということです。復旧には最短でも1週間以上、点検結果によっては数カ月以上かかることもあるとしました。