車に連れ込み“わいせつ” 消防司令補を懲戒免職

05/18 20:15 更新

 東京消防庁の57歳の男性消防司令補が女性を連れ去り、わいせつな行為をした疑いで逮捕されたことを受け、東京消防庁はこの司令補を懲戒免職としました。  懲戒免職となったのは、武蔵消防署に勤務する57歳の男性消防司令補です。司令補は去年6月、東京・武蔵野市の路上で、バスを待っていた女性に対して「自宅まで送るよ」などと声を掛けて車に連れ込み、わいせつな行為をした疑いで逮捕され、その後、嫌疑不十分で不起訴処分となっていました。東京消防庁によりますと、司令補は逮捕される3カ月前にも別の女性に対し、わいせつな行為をしたとして、警視庁に書類送検されていたということです。司令補は、東京消防庁の調査に対して「わいせつな行為をしたいという欲求に負けてしまった」と話しているということです。武蔵野消防署は「消防職員としてあるまじき行為であり、今後は職員の指導を徹底し、再発防止に努めたい」とコメントしています。