介護施設に車 信号待ちの男女3人死傷 42歳男逮捕

03/13 11:45 更新

 千葉県野田市で介護施設に車が突っ込み、施設前の交差点で信号待ちをしていた女性2人が死亡し、男性1人が意識不明の重体です。  (岩本京子記者報告)  はねられた3人は交差点で信号待ちをしていました。そこに直進してきた車が3人をはね、縁石を越えて介護施設に突っ込んだということです。車は今も施設の壁に突っ込んだままとなっています。13日午前7時半ごろ、野田市の介護施設の職員から「施設に車が突っ込んできた」と119番通報がありました。死亡したのは60代くらいの女性と70代くらいの女性で、70代くらいの男性も意識不明の重体となっています。近所の人によりますと、現場は通学路で、事故のあった時間帯に男性は児童たちの通学の見守りをしていたということです。警察は、乗用車を運転していた野田市の会社員・金子龍司容疑者(42)を過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕しました。取り調べに対し、「体調が悪くて一瞬、意識を失ってしまった」という旨の話をしているということです。警察が詳しい事故の原因を調べています。