土砂崩れ現場に雨 不明4人の捜索を一時中断

04/14 21:32 更新

 現場では雨脚が強まって捜索が一時、中断されています。  今月11日、大分県中津市の住宅の裏山が崩れ、これまでに2人が死亡し、巻き込まれたとみられる女性4人の行方が分かっていません。住宅が埋まった現場では14日午後4時ごろから雨脚が強まり、市の災害対策本部は二次災害の恐れがあるとして捜索を中断しています。現場の周辺には新たに土砂崩れを察知するためのセンサーや雨量計が設置されました。市では天候が回復し次第、現場の状況を見ながら捜索を再開することにしています。