車掌に頭突き、帽子を奪った疑いの男性を不起訴処分

09/11 18:43 更新

 駅のホームで車掌(当時31)に頭突きをし、帽子を奪って逃げたとして逮捕された32歳の男性について、東京地検は10日付で不起訴処分としました。  男性は去年6月、小田急線千歳船橋駅のホームで男性車掌に頭突きをして制帽を奪い取ったとして先月、強盗の疑いで警視庁に逮捕されました。東京地検は10日、男性の行為が強盗ではなく暴行罪に該当するものと認定したうえで、不起訴処分としました。処分理由などについては明らかにしていませんが、起訴猶予とみられます。男性は、警視庁の取り調べに対して「怒りを収める対価として帽子を持って行った」などと話していました。