遺棄現場などを走行した記録 千葉女児殺害事件

04/15 17:35 更新

 千葉県我孫子市で、9歳の女の子の遺体を遺棄したとして逮捕された男が女の子が行方不明になった当日に殺害し、軽乗用車を使って遺棄したとみられることが分かりました。  (社会部・青木駿記者報告)  警察は、渋谷恭正容疑者(46)のキャンピングカーと軽乗用車の2台が犯行に使われた疑いがあるとみて押収し、15日に検証を行いました。渋谷容疑者は先月、ベトナム人のレェ・ティ・ニャット・リンちゃんの遺体を我孫子市の排水路付近に捨てた疑いで送検されました。取り調べに対し、黙秘を続けているということです。捜査関係者への取材で、渋谷容疑者の軽乗用車がリンちゃんが行方不明になった当日、リンちゃんの自宅付近や遺体の遺棄現場などを走行した記録があったことが分かりました。渋谷容疑者がその日のうちに殺害し、遺体を遺棄した疑いがあります。一方、キャンピングカーは駐車場に止められたまま数年前から動かされていませんでしたが、時折、渋谷容疑者が車内に入る姿が目撃されていました。  駐車場近くの住民:「車に入ってそのままいるわけだよ。1時間以上だよね。何か変だなぁって感じはしていた」  警察は、キャンピングカーにリンちゃんの遺留品が残されていないかなど詳しく調べています。