京都・嵐山の竹林に外国語の落書き 約100本が被害

05/17 18:43 更新

 京都市嵐山の竹林で、竹を傷つけ、外国語で落書きされているのが多数見つかりました。  落書きが見つかったのは、観光名所の嵐山の「竹林の散策路」と呼ばれるエリアです。約100本の竹が傷つけられ、アルファベットやハングルなどで人の名前や日付などが彫られています。竹林を管理する会社によりますと、落書きは2月ごろから増えたということです。  竹林を管理する「えびす屋総本店」:「元気な竹も腐るため、傷つけられた竹を切って処分するしかない」  落書き部分には、緑のテープを貼って目立たないようにしていますが、傷は竹が成長しても消えないということです。