大阪拳銃強奪 33歳男を山中で逮捕 捜査本部へ移送

06/17 09:38 更新

 大阪府吹田市の交番で警察官が刺されて拳銃が奪われた事件で、33歳男の逮捕について最新の情報をお伝えします。  逮捕された東京・品川区の飯森裕次郎容疑者は、捜査本部がある大阪府吹田警察署に身柄を移されました。飯森容疑者は16日、吹田市の千里山交番の前で古瀬鈴之佑巡査(26)を包丁で刺して実弾入りの拳銃を奪った疑いが持たれています。古瀬巡査は胸など複数箇所を刺されていて、意識不明の重体です。警察は防犯カメラなどから飯森容疑者の犯行とみて、強盗殺人未遂の疑いで逮捕状を取って行方を追っていました。17日午前6時34分、大阪府箕面市内の山中で飯森容疑者を発見して逮捕しました。警察によりますと、飯森容疑者は逮捕された当時、奪ったとみられる拳銃を所持していたということです。