「高輪ゲートウェイ」 山手線新駅の名称決まる

12/04 14:01 更新

 JR東日本は4日の会見で、山手線の品川駅と田町駅の間に2020年に暫定開業予定の新駅の名前を「高輪ゲートウェイ駅」とすると発表しました。高輪ゲートウェイ駅は山手線では30番目の駅で、約半世紀ぶりの新しい駅となります。JR東日本によりますと、駅名は公募で寄せられた1万3000件余りのなかから選ばれました。駅のデザインは新国立競技場の設計を担当した建築家の隈研吾さんが手掛け、木材を多く使った「和」をイメージしたものになるということです。