天皇皇后両陛下 西日本豪雨の被災地お見舞いへ

09/11 11:56 更新

 天皇皇后両陛下が13日から西日本豪雨の被災地を見舞われることが正式に決まりました。  両陛下は、13日に広島県呉市と岡山県倉敷市を訪れ、大規模な土砂崩れや浸水被害の状況を視察するとともに、仮設住宅などで被災者を見舞われます。20日には愛媛県の被災地を訪問されます。自治体などへの負担を考え2日間とも日帰りで、現地での移動には自衛隊のヘリも使われます。皇居で3県の知事から被災状況の説明を受けた際、陛下は「これから復興がしっかりと進むように祈っています」と話されたということです。