「炎が出ている」和歌山の集合住宅で相次ぐ火災

02/10 11:48 更新

 和歌山県岩出市の集合住宅で火事が2件、相次いで1人が死亡しました。  10日午前2時ごろ、岩出市の集合住宅の2階の一室から「炎が出ている」と通行人の男性から警察に通報がありました。火は4時間以上にわたって燃え続け、約42平方メートルが全焼しました。焼け跡からこの部屋に住む65歳の男性とみられる遺体が見つかっていて、警察が身元の確認を進めています。また、午前10時すぎには同じ集合住宅の4階から出火しました。多くの消防車が出動し、現在も消火活動が続いています。警察や消防などによりますと、けが人など詳しい情報は今のところ、入っていないということです。