母親「死んでは取り返しつかない」 電通“過労死”

03/13 18:46 更新

 大手広告会社「電通」に勤務し、過労により自殺した高橋まつりさんの母親は、上限の残業時間について、「月100時間働けば、経済成長すると思っているとしたら大きな間違い」「死んでからでは取り返しがつかない」などと強く反対しています。