退職者用の入館証廃止 文科省が天下り防止で会合

04/19 07:07 更新

 違法な天下りのあっせんを巡り、文部科学省で再発防止に向けた有識者会議の初会合が開かれました。  松野文科大臣:「文科省の外からの視点から皆様に客観的、専門的なご議論を頂くことが重要だと考えています」  18日の初会合では、現役の職員が退職者と関わる際のルールや再就職についての研修制度が議論されました。省内に違法な天下りを監視する外部組織を導入するといった提案もありました。また、これまで文科省では「先輩証」と呼ばれる退職者用の入館証が発行されていましたが、退職者を特別扱いしないため、廃止したということです。次回の会合は来月中旬ごろに開かれる予定ですが、最終的な再発防止策がまとまるめどは立っていません。